TOP / 新着情報 / エクステリアと外構の違い

エクステリアと外構の違い

2019.02.15


新築やリフォームでも、外構工事という項目がありますが、家の敷地内で外構と似たような住宅の屋外を指す言葉で「エクステリア」という言葉を聞いたことはございませんか?

エクステリアとは、建物の外側の空間や環境全般のことを指しています。外構は、門、塀、垣根などの構造物のことでエクステリアはそうした外構の構造物を含めた空間や環境という幅広い概念を指します。

 

建物とインテリアと同様にエクステリアが充実していると住まいの満足度が変わります。

エクステリアには、門、塀、垣根、物置、カーポートなどから植栽や庭石まで含まれています。建物の外部を演出する空間や環境すべてを表す大きな概念といえます。エクステリアを上手に演出することで、住まいへの満足度をより高めることが可能です。家に帰ってきた時に一番最初に目に入るエクステリアに一息ついて、わが家に帰ってきたという思いで安心することができるでしょう。エクステリアでは子どもたちやペットと遊んだり、ウッドデッキを設けて友人たちとバーベキューパーティーを楽しめる場所にすることもできます。エクステリアは、建物本体やインテリアと一緒に理想の住まいを実現するために欠かせない要素です。

外構は、建物外部の構造物を意味する言葉で、門や車庫、アプローチ、塀、植栽などが該当します。エクステリアとの違いは、外構が構造物そのものを意味するのに対してエクステリアはインテリアと同じように空間や環境という意味で用いられ、装飾的な意味合いを含めています。

 

・門扉

住まいの「顔」とも呼べる構造物であり、エクステリアを考える上で非常に重要な部分です。

 

・フェンス

「生垣」「ウォール」「ブロック積」の3タイプに分かれます。生垣は植栽などによって家の周囲を取り囲むタイプ。ウォールはアルミ製の壁。ブロック積はブロック塀のことです。フェンスは、防犯性と同時に門扉とのデザイン上の統一性に配慮することがポイントです。

 

・アプローチ

門から玄関まで続く通路のことです。門・アプローチ・玄関までに統一感をがあると、上質な空間を演出できます。

 

・カーポート・ガレージ・車庫

「カーポート」と呼ばれる屋根のみのタイプから、建物内部に駐車スペースを設けた「ビルトインガレージ」、ほかには「地下車庫」タイプもあります。

 

・テラス・サンルーム

テラスとは、庭など建物の外で地面より一段高くなった台のことを指します。サンルームも建物の外にありますが、天井も壁もガラス張りになっているのが特徴です。第2のリビングとして活用したり洗濯物を干すこともできます。

 

エクステリアに決まりはありません。さまざまなデザインがあるので我が家にはどんなデザインが似合うのか考えるだけでワクワクしてきますよね!エクステリアにこだわることでさらに毎日の生活が充実すると思いませんか?