TOP / 新着情報 / エクステリアを構成する7つの場所とリフォームのポイント③

エクステリアを構成する7つの場所とリフォームのポイント③

2020.03.20


 

最適なエクステリアリフォームをするためには、

エクステリアを構成する場所にどのようなものがあり

それぞれどのようなリフォーム方法があるか知ることが大切です。

前回まで各場所のリフォームポイント等をご紹介しましたが

今回はエクステリアリフォームのために

知っておくべきポイントをお伝え致します!!

 

より良いエクステリアリフォームのために知っておくべきポイント

個別箇所のリフォームポイントだけでなく、

全体を把握してエクステリアリフォームを検討することも重要です。

リフォーム後の満足度を上げるためにも、

より良いエクステリアリフォームのために必要なポイントを紹介します。

 

・リフォームする場所の配置は入念にチェックしておく

門扉だけ、カーポートだけなど、

部分的に考えていてはエクステリアリフォームが失敗してしまう可能性があります。

エクステリアリフォームを成功させるためには、敷地全体を把握したうえで、

何をどこに配置するのか決めるようにしましょう。

その際、門扉から玄関までの動線、外からの視線、隣接する建物との距離、

風通しや陽射し、周囲の環境などを考慮することが重要です。

特に、カーポートなどの駐車スペースを考える際は、

「せっかくカーポートを作ったのに車を止めづらい、止められない」

ということがないよう、平面図だけでなく道路との高低差や前面道路の幅なども

確認しておかなければなりません。

 

・防犯性とデザイン性の高さは満足度の高い住まいの条件になる

エクステリアリフォームをする際、防犯性やデザイン性の高さはリフォーム後の満足度に影響します。

防犯性を求めてフェンスを設置したがデザイン性に欠ける、デザイン性はあるが

外から丸見えでプライバシーが確保できないなど、

防犯性とデザイン性どちらも欠けることがないよう気を付けましょう。

デザインを考える際は、外からの見た目もそうですが、

室内からどのように見えるのかといったバランスを考慮することも忘れてはいけません。

 

・周囲の環境にも配慮したエクステリア計画が重要

エクステリアは、そこに住む人だけでなく前を通る人、周辺の人の目に留まることもあるものです。

防犯性を考えて高い塀を設置したら周辺に圧迫感を与えることになってしまった、

プライバシーを考慮してガレージを作ったら見通しが悪く安全性が損なわれた、

などということがないよう周辺環境を考慮したうえで

エクステリアリフォームの計画を立てるようにしましょう。

 

より良いエクステリアで気分もリフレッシュ

エクステリアのデザインが自分の好みに合ったものであれば、見ているだけで気持ちが満たされます。

そのうえ、家族や友人とバーベキューをして楽しんだり、

カフェやランチタイムを過ごしたりできるスペースになっていれば、

休日を有意義に過ごすことができるはずです!!