TOP / 新着情報 / エクステリアを構成する7つの場所とリフォームのポイント①

エクステリアを構成する7つの場所とリフォームのポイント①

2019.11.15


 

最適なエクステリアリフォームをするためには、

エクステリアを構成する場所にどのようなものがあり

それぞれどのようなリフォーム方法があるか知ることが大切です。

数回に分けて各場所のリフォームポイント等を

お伝え致します!!

 

■住まいの顔である「門扉」

「住まいの顔」ともいえる門扉は、素材やデザインの種類が豊富に用意されています。

腐食に強いアルミや温かみのある木材、重厚感のあるアイアンなど、

選ぶ素材によって大きく印象を変えることも可能です。

好みに合わせて選ぶだけでなく、周辺の雰囲気にマッチするものを選ぶようにしましょう。

また、操作性や防犯性も大切です。操作性の高さなら、

外側からはハンドルを押し内側からは引くだけで開けられるプルプッシュ式がおすすめです。

防犯性を求めるなら、室内から施錠できる電気錠、

暗証番号を使って施錠できるシークレットスイッチのついたものなどが良いでしょう。

 

■門扉から玄関までの通路「アプローチ」

門扉から玄関まで続くアプローチは、住む人だけでなく

周辺の目に留まることも多い場所です。

そのため、門扉や家の外観にマッチするようなデザイン性と

実用性を考慮してリフォーム内容を決めると良いでしょう。

子どもや年配の方がいる場合は、凸凹につまづいたり、

雨で滑ったりしないような素材を選ぶなどの配慮も必要です。

また、車いすが通れる広さがある、自転車を置くスペースがある、

門扉からの目線に対してプライバシーを確保できるなどの点も

気を付けてリフォームプランを考えましょう。

 

■防犯性を高めてくれる「目隠しフェンス」

家の周りにフェンスを設けることで、子どもやペットの飛び出しを防止したり、

不審者の侵入を妨げたりするなど、防犯性を高めることができます。

また、ある程度高さのあるフェンスを設置すれば、

外からの視線を遮りプライバシーを確保することも可能です。

フェンスと一口にいっても、ウォールと呼ばれるアルミ製の柵や、

ブロック塀、樹木を植える生垣などがあります。

フェンスの設置は、ぐるっと一周家の周りを囲む方法と、

人目の気になる部分に目隠しフェンスを設置する方法があります。

設置スペースや費用を考慮したうえで選ぶと良いでしょう。


大阪府のフェンス工事・エクステリア工事は株式会社オーキフェンスにお任せ下さい。


会社名:株式会社オーキフェンス

本社:〒532-0004 大阪府大阪市淀川区 西宮原2丁目6番16号新大阪コーポピアネーズ339号

営業所:兵庫県川西市新田1-26-32

TEL:06-6396-9077 / 072-764-6915(固定電話)

FAX:072-769-9993

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:フェンス工事・エクステリア施工